読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館みどころブログ

函館の観光名所などをまとめたブログ。函館以外も書いてます。

函館朝市に行こう

函館観光の定番コースのひとつが「函館朝市」です。

函館朝市はJR函館駅のすぐ隣にあります。

朝からお昼過ぎぐらいまでとても賑わってますので、函館観光の際には、ホテルの朝食はなしで、朝市で海鮮丼を食べるのがお勧めです。

ウニやいくらやホタテが入った海鮮丼が2,000円~3,000円ぐらいで食べられます。

好き嫌いがある人は、お好みの具を選べる店もあるので、地図を片手に色々まわってみましょう。

朝市名物の海鮮丼が食べられるお店は「どんぶり横丁」に集中しています。

どんぶり横丁であればどこの店も大差ない(笑)ので、混み具合を見つつ、ピンと来たお店を見つけて入ってみましょう。

写真はどんぶり横丁にある「茶夢」の4色丼です。

この日替わり丼は旬の食材を安く食べられるので、特にこだわりがなければお勧めです。中身が小ぶりというのもあり、1,000円という平均相場の半分以下のお値段です。

定食も充実してます。どんぶり横丁でほっけ定食食べたときの写真です。

こちらは「朝市食堂二番館」の「500円丼」。

安く済ませたいならここで食べるという手もあります。(観光で来たのに、安く済ませたいという人もあまりいないとは思いますが。。。)

また、函館朝市は海鮮丼だけじゃなく、土産物屋さんも充実しています。

イカ釣りやカニ、メロンのお店などたくさんお店があるので、メロンの試食をしたり、お店の人との会話と楽しみながらブラブラするのがお勧めです。

無理に購入を迫られることもないですし、せっかく旅行に来たのですから、コミュニケーションを楽しみましょう。

観光客向けの店ばっかなのでフランクにお話できます。

私自身、昆布のお店で、函館名物の「がごめ昆布」について、色々説明を聞いて、お土産に買いました。

「がごめ昆布はだしが取れない、お湯につけたら泡だらけになるので、細切りにしたものをお吸い物にいれてネバネバにして食べるのが王道」と知って、「昆布にもだしが取れる昆布と取れない昆布があるのか!?」と、衝撃を受けました(笑)。

こういったお店の人との会話自体が、土産話になるので、朝市はお勧めです。